タレントや俳優を目指している方にとって、芸能事務所に入ることを目標としている方は多いのではないでしょうか。

芸能活動を始めるなら魅力のある事務所に入りたいですよね。

「憧れのタレントがいる事務所に入りたい」

「しっかりと自分を売り出してくれる事務所がいい」

このように考えたことはありませんか?

魅力のある芸能事務所とはどんな事務所でしょうか?順に説明していきましょう。

■有名なタレントや俳優が所属している

芸能事務所のサイトのトップページに、誰もが知っているような有名なタレントや国民的な俳優がいると、やはり魅力を感じますよね。

そういった事務所はテレビ局やキャスティング会社などとつながりが強く、しっかりとした営業と優れた育成で常に業界をリードしています。

【PR】映画デビューオーディション2021✨あの俳優との共演

■自分が目標としているタレントが所属している

自分が目標としているタレントが所属している芸能事務所は魅力があるといえます。

「憧れのタレントと同じ事務所に入りたい」というのもありますが、自分の目指す方向性に合う仕事が多くあるのです。

例えば俳優を目指すなら、自分が目標としているイメージの俳優が所属する事務所を選びましょう。

他にも事務所に所属しているタレントを調べるだけで、事務所の得意としている分野や方向性などがわかります。

■登録やレッスンにお金がかからない

芸能事務所に所属するとさまざまな費用が発生します。

  • オーディション料
  • レッスン料
  • 宣伝料

この3つが主な費用になります。

これから芸能界を目指す人にとって出費はおさえたいところですね。

事務所によってはこれらを全て負担してくれるところもあります。

中には諸経費や脱毛サロンの費用まで払ってくれる事務所も。

金銭的な負担を軽くしてくれる事務所は、魅力のある芸能事務所といえるでしょう。

ではなぜお金がかからないのか?新人への事務所からの投資という考え方もありますが,、他にも2つ理由があります。

しばらくの間は給料が安い

給料が安い理由は事務所が出演料を下げることで、仕事を多くとれるようにしているのです。

さまざまなメディアに出る機会を増やし売り出すのは事務所の戦略。露出が増えればそれだけ売れるチャンスも広がります。

売れても事務所をやめにくい

また売れてすぐに事務所をやめられると投資した分の回収ができないため、簡単にやめることができないのです。

芸能事務所も会社の経営と同じなので当然のことといえます。

それでもお金がかからない事務所は魅力的。まだ収入のあまりない時期に、お金の負担がないのはありがたいことです。

給料は安くても、その分しっかりと売り出してもらえるのはメリットといえます。

また、売れ始めた頃に事務所をやめるのはリスクがあります。一般的に言って現実的ではありません。

■営業力がある事務所

芸能人として仕事をするためには、自分の能力や努力などが必要ですが、事務所の営業力も大切です。

営業の強い事務所は、コンスタントに質の高い仕事を受注できます。そこでしっかりと仕事をこなせば次の仕事につながるのです。

定期的に仕事が継続されていると安定した収入につながりますよね。

■タレントとスタッフの人数バランスがよい事務所

芸能事務所に所属しているタレントの数と、働いているスタッフの数が近いほど魅力のある事務所といえるでしょう。

これは一人のタレントに対して、きちんとフォローするスタッフがついているといえます。

いいかえれば事務所として、本気でタレントを売り出す意気込みがあるのです。

こういった芸能事務所は、タレントの頭数をそろえて誰かが売れればいいという考えはなく一人ひとり手厚いサポートもしてくれます。

芸能事務所によってはマンツーマンで対応するところもあり、やり手で面倒見のいいマネージャーと出会えればグッと売れる可能性が上がるのです。

逆にスタッフ一人に対して、タレントが10人いた場合はどうでしょうか?

スタッフ一人で出来る仕事の量には限度があります。

何人かのタレントは手をかけてもらえるでしょうが、残ったタレントは放置され売り出してもらうことができません。

■プロモーションのしっかりした事務所

プローモーションとはタレントを売り出す際の営業活動やプランのこと。プローモーションの計画がしっかりしている芸能事務所は魅力があるといえます。

逆にいえばプローモーションの計画がないということは全く売り出すプランがないということなのです。

せっかく憧れの芸能事務所に入れても何も仕事がない状態が続けば意味がありません。

どうやって自分を売り出すか、プロモーション計画や目指す方向性。将来を見据えたビジョンなど、はっきりといえる事務所が間違いないでしょう。

もしも面接で事務所に行くようになったら、自分の売り出し方や手段、方法などを質問してみましょう。

その質問に対してしっかりとしたプランを提示できるかどうかで「事務所の本気度」を判断することができます。

【PR】映画デビューオーディション2021✨あの俳優との共演

■大手の事務所は魅力がある

ここまで説明した魅力がある芸能事務所の多くは大手の事務所です。

規模の大きな芸能事務所は営業力が高く、所属している有名なタレントも多いので存在感があります。

テレビ局などの業界に強いつながりがあるため、たくさんの案件が事務所に来るのです。

また大手の芸能事務所には人気の俳優やタレントが多く、その俳優が主演する映画やドラマなどに、バーターとして抜擢される可能性があります。

他にも自分の目指す方向性が定まっていない場合は、さまざまな方向性の案件を取り扱う大手の芸能事務所がオススメなのです。

いいことづくめのような大手の芸能事務所ですがこんなデメリットも。

事務所の規模が大きい分、抱えているタレントの数も多いため競争率が高くなります。

またタレントに対して、スタッフの数が足りないことが多く、なかなか手が行き届かない場合があるのです。

■中小の事務所の魅力とは?

中小の芸能事務所にも魅力はあります。

大手の芸能事務所より所属するタレント数が少ないため、事務所内でアピールしやすく看板タレントになれるチャンスも。

また規模が小さいため社長や社員との距離が近く、手をかけてもらいやすくなります。

1人の社員が複数の仕事を担当しているのも中小の芸能事務所の特徴。そのため小回りがききやすくスピーディーに仕事が受注できるのです。

これは映画やテレビ番組の制作会社からみてもメリットになり、テンポよく仕事ができる事務所には依頼しやすくなります。

中小の芸能事務所のデメリットとしては、事務所の方向性や得意分野に仕事がかたよってしまう場合があることです。

例えばCMを得意とする事務所ならCMの仕事ばかりが多くなるなど。

逆に自分の方向性やキャラクターが事務所の仕事に合っていると、案件を受けやすくなるというメリットにもなります。

■まとめ

魅力のある芸能事務所について説明しました。まとめると

  • 有名なタレントや俳優が所属している
  • 自分が目標としているタレントが所属している
  • 登録やレッスンにお金がかからない
  • 営業力がある
  • タレントとスタッフの人数バランスがよい
  • プロモーションがしっかりしている
  • 大手と中小の事務所にはそれぞれ魅力がある

ということでしたね。

芸能界にさまざまなジャンルの芸能人が活躍しています。そのぶん芸能事務所も多数あり、それぞれ特色があるのです。

自分の目指す方向性や、やってみたい仕事をイメージして自分に合った魅力のある事務所を選びましょう。