■オーディションに参加するにあたり必要な心構えとは

オーディションに参加するにあたり、必要な心構えはオーディションで自分の能力を100%発揮しきれるようしておきましょう。

体調管理

オーディション前は体調管理に特に注意しましょう。

「猛練習をして本番で声が出ない」なんてことになれば本末転倒です。

オーディション前は喉と体を休め、しっかり体調管理をしてください。

また、食事は食中毒のリスクを避けるため生ものなどは避け、温かいものを選びましょう。

ニンニクなど口臭が気になるものは、オーディションのときに自分も審査員も気になってしまうので避けるのが無難です。

オーディション会場までの行き方を確認

「オーディション会場までの道が分からず遅刻した...」なんて事にならないよう、事前に会場の場所・電車やバスなどの交通手段と時間の確認をしておきます。

また、会場に到着する時間は会場へ行く途中に何かしらの交通トラブルに巻き込まれる可能性も考え、予定時刻の30分以上前に到着できるよう心がけましょう。

ギリギリに到着しても気持ちを切り替えるのが難しいため、余裕をもった行動をとってください。

イメージトレーニングは何度もしておく

面接では予想外の質問をされることもあります。

そのため、想定外のことでもすぐに対処できるよう何パターンものイメージトレーニングを行っておくと冷静に対処できます。

また、オーディションでは待ち時間があるので、待ち時間にイメージトレーニングをすると気持ちが落ち着きいつも通りの能力を発揮しやすくなるためおすすめです。

「絶対に勝ち取る!」と信じる

「もうダメだ...」「こんなに沢山の人の中からグランプリなんて無理...」などネガティブなことを考えると、緊張して上手くいかなくなります。

「やれるだけのことはやった!」「絶対に大丈夫!」と自分を信じる気持ちが大切です。

■過去にグランプリを獲得した女優・成海唯が心がけたこと

現在、映画やドラマ、CMなどに出演している女優、成海唯さんがオーディションで心がけていたことは、「これで落ちても悔いはないと思えるくらい全力でお芝居をする」ことだったそうです。

成海唯さんは、2017年映画「ちはやふる-結び-」のエキストラに当選し、出演したことをきっかけに本格的に女優を目指すことを決意。

「プロアクターズラボ」に入所し半年間お芝居の猛勉強をしました。

そして、2019年にはNHK連続テレビ小説「なつぞら」のオーディションに応募したのですが緊張しすぎて落選。

しかし、「なつぞら」で2回目のオーディションが開催されることを知り、「絶対に勝ち取りに行く」と決意し、渡された台本を後ろから読んでも全部言えるくらい完璧に覚えオーディションに挑みました。

そして見事合格!

何万人もの応募者がいるオーディションでグランプリを獲得するには、相当の努力と全力で自分をアピールする勇気が必要というなのでしょうね。

■まとめ

オーディションは「100回落ちても諦めない覚悟が必要」とも言われていますが、できるだけ早く合格したいですよね。

そのため、オーディションに合格するには普段からレッスンをしっかりすることはもちろんですが「絶対に勝ち取りに行くぞ!」という勢いや自信も大切なことです。