大規模なスクール「エーチームアカデミー」を運営していることで有名なA-Team Group。所属芸能人には伊藤英明さん、吉岡里帆さん、DAIGOさんや芹那さんがいます。

今回は、オーディションの内容、応募方法や倍率、合格後の話などを口コミも交えて考察、紹介していきます。

A-Team Groupとは

  • エーチーム‥俳優系事務所
  • エープラス‥タレント、モデル系事務所
  • エーライツ‥子役も所属。新人系事務所
  • エーチームアカデミー‥エーチームが運営する新人養成所

「株式会社エー・チーム」、「株式会社エー・プラス」、「株式会社エー・ライツ」という3つの芸能プロダクションと、その新人養成機関である「株式会社エーチームアカデミー」を総称して「エーチームグループ」と呼ばれています。

エー・チーム」には伊藤英明さんや吉岡里帆さん、臼田あさ美さんなど、第一線で活躍する俳優・女優の方々が多数所属しています。「エー・プラス」にはDAIGOさん、芹那さん、ほしのあきさんや加藤ナナさんなど、タレントやモデルの方が中心に所属しています。

そして「エー・ライツ」には、鈴木あやさんなどのモデルのほか、アニメ映画「天気の子」の主人公役に抜擢された醍醐虎汰朗さんなど、フレッシュな方が多数所属しています。なお、アカデミーの在校生や卒業したばかりの新人は「エー・ライツ」に所属するというパターンが多いようです。

同じグループ内であっても、「エーチーム」、「エープラス」の方が所属する難しさは上だと言われています。こちらの2つの事務所は「エーチームグループ」でも即戦力の芸能人が所属していて、「エーライツ」からこれらの事務所に移籍することもあります。

オーディションの仕組み

主なオーディションは「エーチームグループオーディション」です。このオーディションは3つのグループ事務所の合同で行い、随時募集が行われています。

募集されているジャンルは、

  • 俳優
  • タレント
  • 歌手
  • モデル
  • 声優
  • 子役

となっています。エーチームグループオーディションの応募資格は、

4歳~25歳までの男女。プロ・アマ問わず。但し、合格後にエーチームグループのプロダクションに所属可能な方。
エーチームグループでは育成環境が整っていますので、未経験者へのバックアップ態勢は万全です。
※未成年者の方の応募に関しましては、保護者の同意が必要となります。

A-TEAM GROUP AUDITION

なお、一次審査合格後のオーディション開催場所は、

オーディション開催場所

  • 東京
  • 大阪
  • 福岡
  • 北海道

となっていて、一次審査の応募時に選ぶことができます。「最終審査」については二次審査を受けた都市で受けることになり、東京まで行く必要はありません。

*現在は二次審査はオンラインオーディションとなっています。

※オーディションは参加費は無料ですが、会場に行くまでの交通費は自己負担となります。

オーディションの応募方法

オーディションの応募方法は、

  • オンライン応募
  • 郵送での応募

の2種類となります。

公式ホームページ
https://www.a-audition.jp/
https://ateamgroup-model.jp/

オンライン応募

パソコンやスマホを利用して、事務所の公式HP上の「オンライン応募フォーム」に必要事項を記入して応募します。

公式HP オンライン応募フォーム

なお、写真は応募フォーム内から送信できますが、郵送でも可能です。

郵送での応募

郵送での応募は、応募用紙または市販の履歴書に必要事項を記入し写真を同封の上、下記の住所まで郵送して応募します。

・応募先:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-3-4 神南ビル6F A-TEAM GROUP オーディション運営事務局係
・TEL:03-6416-5508

なお、オーディション専用の応募用紙はないようです。

なので、郵送の場合は、

  • 通常の履歴書
  • オーディション用の履歴書

のどちらかを使用すれば問題ないでしょう。

オーディションの流れ

  • 一次審査(書類選考)
  • 二次審査(オンラインオーディション)自己PR、質疑応答、実技テスト
  • 三次審査(最終面接)(※歌手、声優志望の場合、三次審査の前にレコーディングスタジオでのオーディションがあります。)

順番に、クチコミを交えながら実態はどうなのか、詳しく説明します。

一次審査

一次審査は書類選考です。他の芸能事務所に比べて受かりやすいといわれています。ですが、書類の記入漏れなどは論外ですので、きちんと記入をしましょう。

内容は基本的な情報ばかりなので記入自体は難しくないと思われますが、その分、写真が判断材料になりやすいので撮り方には十分に注意しましょう。

二次審査

二次審査はSkypeなどを利用したオンラインオーディションとなっています。内容は、

  • 自己PR
  • 質疑応答
  • 実技審査

と公式HPで説明されています。また口コミによると「写真撮影」が行われたこともあるようです。

以前は二次審査では集団面接が行われていましたが、内容としては同じ自己PRや質疑応答、実技テストと変わらないので以下を参考に対策を練ってみて下さい。

・自己PR

クチコミによると自己PRは一人当たり3分程度だそうです。集団面接では一度に4〜5人の受験者と同時に受けていたようです。趣味や養成所に通った経験などが主なアピールポイントです。

ため口になるなどはもちろん論外ですが、「家族以外の身近な大人」と接するような感覚の方が適度な緊張感も持つことができていいかもしれません。自然体で話しましょう。

・質疑応答

過去にオーディションを受けた人の口コミの中には、

基本的には
挨拶
自己紹介
志望動機
得意のポーズ
得意のモノマネ
好きなタイプ
好きなお寿司のネタ
この辺りはマストで聞かれるようです!

グループ面接で、好きなネタがかぶると
コンビを組まされる可能性が高いみたいです!
色々と考えておいた方がベターですね!

という意見がありました。おそらく基本的な面接での質問以外にも、雑談も交えてリラックスした応募者のことを把握していこうとするのでしょう。オーディションごとで質問は変わるでしょうが、「自己PR」の部分でもあったように、あまり硬くならずに聞かれたことに答えていきましょう。

質疑応答の場で聞かれる可能性が高い質問は、

  • なぜ、この事務所を選んだか?
  • 憧れの芸能人はいるか?
  • 将来、どのような活動をしていきたいか?
  • 合格したら上京はできるか?

です。

これらの質問は基本ではありますが、審査員側にとっては最も知りたい質問なので、きちんと答えられるようにし、かつ真剣さがはっきり伝わるようにしましょう。

・実技審査

実技審査はジャンルごとに異なり、

  • 俳優、声優志望:演技課題、台本読み
  • 歌手:歌
  • モデル:ポージング、ウォーキング

となります。具体的な内容はクチコミから想像するしかありませんね。自分でも他のクチコミを探してみてください。

「自分の得意な歌やポージング、特技などがあるなら見せてください。」となる可能性もあるので、何か一つでもそれらの要求に応えられるように準備をしておいた方がいいでしょう。

また、歌手と声優の場合は三次審査の前にレコーディング審査も行います。

指定された課題を行う可能性が高いですが、自分自身の得意なものを披露する場合もありますので準備はしておきましょう。

全ての実技審査で言えることですが、大事なのは

実技審査中のあなたの容姿や表現力などを含めた雰囲気

です。

長年の経験者ならともかく、未経験の素人の場合は上手い人と下手な人の間に大きな差はないでしょう。

ただ、言われた課題をミスなくこなすことを目的にするのではなく、あなたが持っている良さが相手に伝わることを意識して課題に臨みましょう。その方がただ無難にこなすよりも合格できる可能性は高くなることでしょう。

三次審査(最終審査)

最終審査は個人での面接となります。

自分はエーチームグループオーディション受けて三次審査に行きました。三次審査は審査というよりもただ普通にお話をするだけでした。審査ではなく、「あなたにはエーライツに所属してもらって、レッスン受けながら売り込みをして行きたいと思っています。やる気があるなら契約書をお渡ししたい」というような内容でした。レッスン料などはネットによく書き込みがありますが、その通りです。
その場で無理やり書かされるようなことはなく、失礼な質問にも答えてくれました。

Yahoo!知恵袋

3次審査は2次で集団面接のような選考の中で
お話できなかった個人的な事(学校や部活のこと、アルバイトの可否、これまでの業界とのかかわり)
志望や方向性などじっくり時間をかけてお話せてくださいました。
もちろん会社やグループの特性についてもお話下さって夢が広がりました。
きちんと一人一人を考えて下さる事に前向きになれた機会でしたよ。
この審査で落とされた方もいらっしゃったようです。
どの段階の選考も緊張感はありますが
2次より娘はリラックスして話ができているように感じます。

Yahoo!知恵袋

以上のクチコミを参考にすると、どうやら

①応募者のことをより深く知るための質疑応答

②すでに合格することは決まっていて、アカデミーでレッスンを受けながら活動ができるかの確認

が行われているようです。

実際には②のような面接が大半だという話もあります。ここまで来ればもう少しです。

オーディションの合格率は?

「エーチーム」でもオーディションの参加者人数・合格者数ともに非公開となっています。

正確な倍率を求めることはできませんが、「エーチームグループオーディション」では

・「エーライツ」に所属して、「エーチームアカデミー」でレッスンを受ける場合は合格

というケースがあります。もちろん合格者は多くないですが、このように事務所に所属できるか否か以外の選択肢を用意しているエーチームは他の芸能事務所に比べれば合格でき倍率は低めだと言われています。

エーチームが運営する養成所に通うことが合格の条件になるわけですが、はじめから演技の能力がある人なんてほとんどいません。大きな夢を掲げつつも、現実を受け入れて努力をしましょう。

一般的に「芸能事務所に所属するのは倍率1000倍以上」とも言われており、他と比べたら受かりやすい事務所であったとしても合格して所属するのは困難であることは何も変わりません。

レッスンを受けて実力を付ければチャンスはある!

身もふたもないことですが、これが結論です。大事なことは、

レッスンを受けて仕事がもらえるだけの実力を付ける

ことです。

言うまでもありませんが、芸能界は厳しい実力社会です。毎年、数万人の応募者がいてその中から世間に知られるくらい活躍できる人なんてほんのわずかです。

例えば、人気女優の「吉岡里帆」さんは、「エーチームグループオーディション」に合格し、始めは「エーライツ」に所属して「エーチームアカデミー」のレッスンを受け続けていました。

たとえ、どんな事務所に所属したとしても大事なことは「あなたに活躍できるだけの実力があるか」、「これから身に付けることができるか」ということに全てはかかっています。

なので、これからオーディションを受けようとしている人、もしくは現在受けていて不安を感じている人はそれらのネガティブな意見に惑わされることなく、自分の可能性を信じてオーディションに臨みましょう。